寝る前なのに寝言。

日本一おもしろくないブログ、ここにあり。

相変わらずだが時間は過ぎる。

地デジに移行して1週間。
移行しなかった自分は、ワンセグでときどきテレビを見るぐらいであとはテレビ無しの
生活をしているが、案外これはこれで大丈夫かなという感じもする。
淋しいというのも、無いわけではないけど。
相変わらずテレビ買う余裕なんてないしね。

7月ももう終わりとは早いものだ。
8月もお盆があるから、たぶんアッという間だろうし。
個人的には夏特有の浮かれポンチな感じが好きじゃないので、そういったものが
お盆をピークに収束へと向かうのは、朗報でもある。
おそらくお盆を過ぎると夏休みも残りわずかだし、祭りとかはお盆前後が多い
だろうし、海水浴もお盆を過ぎるとクラゲが多くて・・・なんてあたりが、こういった
浮かれ気分を収束へと向かわせる要因だろうか。
自分も夏休みにどこかへ出かけたり、祭りではしゃいだり海やプールで楽しい
時間を過ごすなんてことがあれば、また見方も変わるのだろうけど。
でも残念ながら、今年もそういうのはなくて。

今週は仕事で珍しく出張もあって、なんだか疲れたね。
出張では、自分のしている仕事がどういう仕事とつながってるのかが見えてきたり、
会社にはどういう人がいるのかということが見えてきたので収穫はあったけど。
でもだからといって、いつまでも続けてよいものかという疑問は消えていないし。
自分がこういう待遇で働いていることを知る人が、社内に一体どれだけいるのかも
わかったものではないので、一緒にがんばりたいという思いはあるものの、いつまでも
この待遇じゃとてもじゃないがやっていけないという気持ちがやはり強い。
どうなるかわからないしね。
いくら物価の安い田舎といえども、この給料で生活が成り立つと思う人はいないだろう。
自分の給料を知っていれば、の話ではあるが。

だからといって他が見つかったかといえば、そうではないから悲しいところ。
こちらの方も年明けにはまたひとつ歳を取るのだから、急がなければそれだけ不利
にはなるけれど。
でもないものはないし。
自分はサラリーマンには向いていないのかな?
どう考えても商売人にも向いていないと思うけどね。

資格の勉強でもすればいいのかもしれないけど、それが出来ない怠け者だし、資格取った
からといって、それで道が開けるとも限らないからね。
そうでなくとも役に立たない資格なら、いくつも持っていておかげで履歴書書くときには
資格欄は賑やかだったりするのだけれど。

まあ暑い時期にあれこれ考えても疲れるだけだし、そうでなくとも夏の熱い時期は疲労が
溜まったりするものだから、あまり悩まずに適度に発散して夏を乗り切るべきかもね。
そんなに楽天的でも良いものかどうかは、自分でもわからないけれど。

時代遅れの男。

予定通り、未対応のままアナログ放送終了の時を迎えた。
意外とあっさりしたものだったが、まあこんなものだろう。
午後からは、テレビを見ようと思えばワンセグ頼み、という生活に。
とりあえず見れるので不便じゃないと言えば不便ではないが、でもテレビは
特に意味もなくつけっぱなしだったりしたものだから、そういうことができなく
なって不便といえば不便だ。
まあ、無駄にテレビをつけないほうが節電にはなるだろうけど。
目的を持って見ているわけではないが、なんとなく見ているなんて過ごし方
をけっこうしているもので、そういった生活を変えることを余儀なくされる
わけなのだから。

まあつまらない番組も多いし、こういう状態でもいいかなと。
でも以前のような生活も恋しいし。
とはいえここ最近の地デジ化騒動にはウンザリなので、それに巻き込まれよう
とは思わない。
だからしばらくは地デジ化をすることもないだろう。
どう考えても今は混乱してて売り手市場だから、何か買うにしても落ち着く
まで待つほうが良いだろう。
まあ買える金があるかどうか、なのだけど。

アレが欲しいこれが欲しいなんて言い出したらキリがないけど、それでも最低限
のものはやっぱり欲しいよなと、思わざるをえない。
この歳でこういう生活してるのって、本当にまずいんだけどね。
そこまで考えてると、ムシャクシャするし頭が痛くなる。
だから極力考えないようにする。
考えなきゃいけないけど、考えたからってどうにかなるものでもないので。
もちろん何も考えていないって訳じゃないよ。

地デジ化する余裕が無い。

アナログ放送は、あと2週間で終わるとか。
我が家は依然、対処はしておらず。
こうなったら最後までアナログで行ってやるという意地もあるが、でも本当は
地デジ対応テレビを買う余裕などないという事情がある。
チューナーなら買えなくもないが、それにしても余裕など無いし、おそらく
今の時期は売り手市場だろうとわかっていながら買うというのもおもしろくない。
まあ画面が小さいとはいえ、携帯でワンセグを見ることができるので、しばらく
は携帯をテレビ代わりにするのもいいかなと、思ってたりする。
低所得世帯だと、チューナー配られるらしいけどね。
我が家はまぎれもなく低所得世帯だが、もらえないだろうし。
デジサポに電話でもしてみたら、少しは違うのだろうか?

強引な地デジ化にも腹が立つが、それ以上に腹が立つのが自らの稼ぎの
少なさでね。
働けど働けど生活に余裕が無いって、おかしいよね。
別に贅沢したいわけでもしてるわけでもないのに、生活が最低限なのだから。
仕事が嫌だとかそういうのは、ある程度は我慢しないとと思う。
だけど生活の苦しさだけは、いかんともしがたくて。
いち早くどうにかしないといけないなと、日々焦るばかり。
かといって、ろくな仕事があるわけじゃないしね。

今の仕事もある程度は一所懸命やりながら、他の道を探すというのはなかなか辛い。
高給でなくとも、とりあえず最低限の金額をもらえているなら、余計なことなど考えず
に仕事のことだけ考えるだろうけど。
でも一所懸命やってても、情けないほど少ない稼ぎではヤル気も出ないししんどいよね。
頑張ったところで、社員登用は確約されてるわけでもないし。
さんざん苦しめられた挙句、使い捨てって可能性も高い。
そんなものに、いつまでも依存してちゃいけないなあ、と。

もう歳も歳だし、何ができるって訳でもないからね。
でももうそろそろしっかりしないと、家庭を持つことはできないし。
別に遊んで暮らしたいとは思わないが、でも最低限は稼いで、欲しいもの買ったり
たまにはどこかへ遊びに行けるようにしたい。
今の稼ぎなんて、それこそコンビニででもバイトしたほうがよっぽど稼げるだろうから。
一所懸命やってそれって、なんとも情けないよね。
選んだのは自分なので、誰を責めるって訳でもないけど。

しがんだ顔している人に幸運など来るはずが無いけど、でもこの先どうなるのだろう?
と考えていると、明るい顔などしていられないよね。
なんとかなるさと楽天的になれば、いいのかもしれないけど。
でもそれでは実際のところ、なんともならないからね。
そりゃとりあえず生きていくことは出来るでしょうけど、でも生活は出来ていない。
生きてるだけで丸儲けといってしまえば、それはそうなんだけど。

わかっとるわい、どアホ。

「地デジの準備お願いします」などと平身低頭を装いながら、なんだこの嫌がらせは。
画面の左下、約16分の1ぐらいに、「アナログ放送終了まであと23日」と。
言われんでもわかっとるわい、どアホ。
受信料をふんだくる放送局なんて、!マークまでつけていやがる。
そのくせCM中は、邪魔者が消えるからなおさらムカつく。
こんなにでかでかと、1日中表示しなきゃいけない理由がどこにあるのかね?
こうでもしなきゃ、地デジ移行に気付かない奴がいるとでも?
全く人をバカにした話だ。
こうなったら、最後の最後までアナログで粘ってやると、強く誓った。
こんな理不尽であからさまな嫌がらせになど屈してはいけない。
あいにく自分は、嫌がらせをされると、さらに意固地になって自分の道を
貫き通すタイプの性格なものでね。
納得行かないことには、断固として戦わなきゃいけないのだ。
それがチッポケながら自分の意地であり、プライドだよ。
虫けらほどの存在にだって、プライドはあるんだい。

道草。

この仕事ではいろんなところに行くので、つい道の駅や産直市場に立ち寄りたくなる。
とはいっても時間に追われているし、仕事中に道草食うのもまずいので、通過することが
ほとんどではあるのだけど。
だけどトイレとか最低限の休憩ぐらいは必要だし、それに本来ならあるはずの昼休憩も
関係なく走り回ってて、昼食すら運転しながらというような状態なので、たまに立ち寄る
ぐらいなら許されるべきだろう。
もちろん仕事は真面目にするべきだが、そこまで根をつめて毎日やってても、ストレス
溜まるだけなので、自分なりに適度に要領かますことも必要なのでは。
というわけで、時々はそれらに立ち寄ることもある。

立ち寄ったときは、何かおもしろいものはないかと探すことが多いが、頼まれて探して
いるものもある。
それは乾燥ぜんまいと、ヤーコンならびにヤーコン茶だ。

親や親戚がぜんまい好きなので、探してくれと頼まれているのだ。
実家の方ではなかなか見かけないらしいが、自分の行動範囲においては見かける
ことも珍しくないので。
この乾燥ぜんまい、値段がまちまちで、それこそネット通販なんかだとけっこうなお値段
だったりするのだが、田舎の産直では出品者が思い思いの値段をつけているため、
かなり安く手に入れることが出来たりする。
しかも安くても、モノはかなり良かったりするし。
通常ぜんまいは水煮にされたものをスーパーで買ってきて使うことが多いが、それらは
外国産であることが多く、機械で加工するため細いものが多い。
外国産でも太いものや、国産の水煮もあるが、それらは少しの量なのにそれなりの
値段がついていたりする。
でも乾燥ぜんまいを買えば、一袋戻せば鍋いっぱいの量になるし、しかもそれは国産
の太いぜんまいであり、味もよい。
手間はかかるが、それさえ惜しまなければかなりお得なのだ。

ヤーコンのほうは、母親が糖尿なので。
なんでもヤーコンとかキクイモが効くらしくて、探してくれと頼まれている。
これらもまた、実家の方では探しても見つからないらしいのだが、こちらにおいては
時々見かけることがある。
なんでも、同じ糖尿仲間がそれらを摂取することで、症状が急激に改善されたとか。
人によって違うと思うし、体質に合う合わないもあると思うが、本当に効くのなら、
試さない手はないということで、母親も一生懸命試しているらしい。

実際のところネットで調べても、効果があるという人がいたり、実際に効いたという
人もいるので、ある程度何らかの効果はあるらしい。
だけど物によっては効果が解明されていないという記載があったり、そういうもの
頼るのではなく、根本的に取り組まなきゃいけないという指摘もある。
なのでいったいどうなのか。

たしかに効くのであれば、病院が薬として出していてもおかしくはないけどそうでは
ないし、ある種の民間療法のようなものなのかもしれない。
最近だとそういうのも、テレビとかでも取り上げにくくなっただろうし。
定かではないものを、効くなんて謳うといろいろとマズイことがあるんだろうと想像は
ついたりするけれど。

だけどその効くかもしれないものが、見つけることが出来ればかなりお手ごろな値段
で売られていたりするんだよね。
特にヤーコン茶は、かなりの量なのに全くのお手ごろ価格。
ただ単にヤーコンの葉っぱや茎を乾燥させて刻んだだけのようななので、出品者と
しても、そんなに高い値段をつけることはできないと思っているのだろうが。
だけどこれだけ多くの人が糖尿に悩んでいるのだから、もしそれらの人がその存在
に気付いたのなら、こんな値段では手に入らないかもしれないし、そもそも入手する
こと自体が困難になっちゃうんじゃないかと、危惧したりもする。
実際、母親のお仲間さん以外にも噂を聞きつけて分けてほしいという人が何人もいる
ようで、もし本当に効くのであってそのことが広まれば、爆発的に人気が出るのでは
ないかと。
まだそこまで火のついていない今が、チャンスなのかもしれない。

ドラッグストアでもヤーコン茶は売っているが、それはあくまでもダイエット用といった
ような位置づけだし、そんなに売れている様子でもない。
そういう状態だから、置いてあるドラッグストアも限られるみたいではあるのだけど。
こちらも火がつくと、こんなものじゃないよね。
なのである意味今の状態が、不思議というか不気味というか。
まあそんなこんなで、時には息抜きも、というわけなのです。

逃げなのか?

6月に入ったけど、やはり状況は変わらず。
今月を乗り切ると、今の仕事をはじめて半年が過ぎるんだけどなあ。
でも状況は変わりそうにないし。
働いても生活が楽にならないのは苦しいね。
そんなことは入る前に判断しておくべきことかもしれないが。
生活に余裕もないし、そういう状況では夢も持てない。
いつまでもこれでいいわけないよね。
だとすれば、こちらとしても判断しなきゃいけないのかな。
それって逃げなのかな?
仕事がしんどいのは我慢すべきだけど、生活が苦しいのは
早急にどうにか対処しなけりゃならないと思うのだけど。
さあどうなんだろ?

しょうがないけどしょうがない。

最近実家の方の様子がおかしかったので、何かあったのかな?と思っていたのだが、
やはり何かあったようだ。
直接うちの家族が、というわけではないのだけど、なかなかヘビーな状況だね。
まあこれからが大変なんだろうけど、起こっちゃったことはしょうがないし。
自分が心配してどうなるものでもないのだけど、どうなるんだろうね。

自分のほうも、先週は相変わらずだった。
日頃の業務とは別の仕事が立て込んでいて、少し仕事が滞り気味ではあるけれど、
上司からそういう風にするように言われているのでしょうがない。
今週もまた、週の半ばまではそれらの業務で埋まっているし、後半もまた別の業務
が出てくるかもしれないけど。
そんなこんなで、相変わらずな感じ。
まあいろいろあるけれど、とりあえず頑張るしかないのかななんて思っているし、
何も考えずにただ目の前のことをこなすことに精一杯で日々は過ぎていくのだが、
それが未来につながるのかどうかわからない以上、やはりそれではマズイのかな
と思ったりするよね。

一生懸命真面目にやっていれば、そのうちいいこともある。
それはそうだと思うし、それを否定する気も無いのだけど、でもそればっかりじゃ
いけないのかなって思うのが、ここ最近の悩みだね。
そう思うから、毎週毎週同じような内容ばかり書いているけど。
こうやって迷い探し続ける日々が、本当に答えになるものなのかね。
心配してもしょうがないけど、心配しないとしょうがない。

これでいいわきゃないよ。

嫌だなと思いつつも、仕事に行くと時間が経つのはわりと早く、そして1週間が
過ぎていくのも、後から思えばあっという間だ。
果たしてこれでよいのかどうか。
ただ時間が過ぎ去っていくだけで、何の進歩にもなっていないからね。

嫌だろうがなんだろうが、とにかく働くよりほかないのだから、必死に働いて
時間が過ぎ去っていくことで、何らかのスキルなりポジションなりを手に入れる
ことができるのかもしれない、通常の雇用形態でなら。
だけど自分の場合には、不安定な状態だから。
どうなるのかわからないという不安と背中合わせの毎日。
もちろんその不安とは、自分はこの先どうなるのだろう?ということもあるけれど、
それ以外にも、この会社でよかったのか、仮に社員登用されたとしても、やって
いくことができるのだろうか?ということ。
なんだか結局のところは、使い捨てにされるような気がしてならないんだよね。
結構無茶振りというか、そんなことまで自分がしなきゃいけないの?的なことを
押し付けられることもままあるし。
それでも正社員として働いているのなら、修行だと思って我慢すれば、いつかは
自分の道も開けようというものだろう。
だけど今の自分の場合は、そういった確約は何一つないのだから。
安い給料でこき使われているだけでは、夢もヤル気も持てない。

わかっていたこととはいえ、給料の安さが本当につらい。
おそらくアルバイトでもしたほうが、もっと稼げるんじゃないかという気がするし、
パートのおばさんとかでももっと稼いでいるだろう。
別に贅沢したいわけではないし、自分には能力がないのだから高い給料を
よこせという気などさらさら無いのだが、いかんせん自分にも生活があって、
将来だって考えなきゃいけない。
でも余裕が全くないのだ。
これでは働くことに疲れるばかり。
いつまでもこの状態でいいわけがないから、自分としてもいつかは見切りを
つけるべきなのかもしれない。

じゃあどうするか、なんだよな。
何ができるというわけでもないから、また次を探すとなっても難航するのが
予想されるし。
辞めたところでたちまちの生活に困るだけだから、とにかく食いしばるしか
ないのかもしれない。
でも食いしばったところで、生活が楽になる兆しもない。
一体どうすればいいのだろうか。

勉強して資格でも取って、それで働くことを目指すべきか。
でも勉強するにも、テキスト代とかは必要だろうけど、それを買う余裕もないような。
資格を取ったからといって、安易にそれで開業できたり、仕事にありつけるわけでも
ないと思うしね。
でも何かしないと、今の状態からは抜け出せないのかな。
だとすれば、ただ時間が過ぎ去るのを善しとせずに、何か動き出さないと。
でも毎日クタクタだし・・・

ああ、どうすりゃいいんだろうね。
日々の仕事に打ち込めば、そんな悩みもしばらくは忘れているけど。
でも日々の仕事に打ち込んでも先が開けないから、そういう対処法をとっていては
ダメなんだろうね。
今の仕事に就く前に、そのあたりをもう少し考えておくべきだったかな。
そういうふうに職安の人からはアドバイスされたけど、でも当時はそうするよりほか
なかったわけだし、今の会社しか使ってくれるというところがなかったわけだから。
そういうふうにしか、身の振りようがないよね。
後悔したって、何も始まらないし。
こんな状態だから、ほんと毎日おもしろくないよ。
1人暮らしにも飽きたから、実家に戻りたいなとも思うし。
地元に帰って、経歴も一度リセットした方がいいのかななんて思う。
だからなおさら、今の仕事を続けようとは思わないのだけど。
でも今すぐ辞めても、どうにかなるものではないし。

先日上司に、やっていけそうかどうかを尋ねられたけど、思わず言葉を濁したよ。
ダメです辞めたいと言うにはまだ早いだろうし、やっていける自信もなければ、
やっていこうという思いもないのだから。
とりあえず頑張りますとは答えたけれど、正直もう嫌なんだよね。
そんなこと、口には出せないけれど。

いつもの悪い癖?それともきちんと対処しなきゃいけないこと?

日に日に仕事に行くのが嫌になっているような。
別に働くのが嫌なわけではないけれど、ここでよかったのかこれでよかったのか、
いやちょっと違う気がするという思いが、日に日に大きくなりつつあって。
そんなことばかり繰り返してるから今のような状況になっているので、いい加減
我慢することも覚えなきゃいけないのだけど、またいつもの癖がはじまった。

それでも正社員としてそれなりの給料をもらってたら、なんとか辛抱して今度ばかり
はと歯を食いしばるところだが、いかんせん不安定な立場だし、生活が成り立たない
ほどの額しかもらえない。
別に贅沢する必要などないが、働いてもいっこうに生活が改善しないのでは、ヤル気を
維持することは難しいだろう。
こういうことはあまり言いたくはないし、それを言うと卵が先かひよこが先かといった
感じになるのでキリがないが、対外的には社内での身分的なことは全く知らさずに
仕事をさせられている。
ある程度割り切った体系で雇われているのだから、そういった対外的に出る部分に
関しても、割り切った内容にして欲しいものだが。
実際、自分だけじゃ何も出来ないのだし。
自分の能力がそこまでないというのももちろんあるが、それ以上に自分の立場的には
権限などが与えられていないためで、勝手なことなど出来るはずがないのである。
そういった言い訳を甘えと見るべきなのか。
うーん、違うと思うんだけどね。
この安い給料で自分にどこまで求めているのか知らないが、当初聞いていた範囲からは
逸脱しつつあるのかなというのが正直なところ。
そこまでさせられて、なのに生活が成り立たないのでは苦しいよね。
我慢したからといって、将来が約束されているわけではないのだから。

なんだかなあ。
そういった気持ちでスッキリしなくて、毎日がおもしろくない。
何もそこまで考えず、自分としても割り切ってしまえば、そこまで悩むこともないのだけれど。
でもそうやって割り切るのも、どうなのかなと思うし。
でもそういうのって、お人よし過ぎるのかな。

それしか仕事がなかったのだし、仕事がないより仕事があるほうがよっぽどマシなんだけど、
でも何のために働くのかということを考えると、働いても全く余裕が出てこないのでは、何も
できないし夢なんて持てないよね。
別に贅沢することが夢じゃないけど、ささやかな将来への希望すら、現状の給料では
持てないような状況なのだから。
生活していけるだけマシといえば、そうなのかもしれないけど。
でも現状でギリギリ精一杯な感じなんだよね。
これでは長続きするはずがないよ。
人の気持ちって、そういうものじゃないの?

さあどうしたものか。

連休に帰った際に、親に相談してみた。
もう戻りたい、なんて言うと、親としてはうれしいんだろうね、本音は。
だけど親元を離れてもう十数年、1人で生活しているからこそ自立している部分も
あるので、それを放棄することが果たして正解かどうかもわからないので、手放し
では喜べないようだ。
それは自分にとっても同じ。
実家に帰って働くというイメージが湧かないという曖昧な理由で今もこちらに残って
はいるが、とはいえその曖昧な理由と思っているものが、実は重要な意味を帯びて
いるかもしれないし。
そのあたりはやってみなければわからない。
だけど一度実家に引き上げてしまうと、次に実家を出るのも容易ではないだろうし。
かなり危険な賭けなのかもしれない。

そういった気持ちから、いままではそれでもこちらに残るという気持ちの方が
強くてここまで来てしまったけど、最近急に気持ちが変わってしまって。
冷静に考えてみれば、残り続ける理由などほとんどないことに気がついた。

親だって歳をとるわけだからね。
いつまでも家を出ていてもいけないだろうし。
家を出ているが、かといって家庭を持っているわけでもなし。
家庭を持つために家を出ているという側面もあったが、今はそれもままならず。
家庭を持つことを諦めてなどはいないが、ここは一度体勢を立て直すべきなのかも。

まあ家に帰ると言っても、その前に仕事をどうするんだ?という話になるんだけどね。
母親としては早く帰ってきて欲しいようだったが、仕事のことがあるので今すぐという
わけにもいかないし、そのあたりの目途はつけてからにするつもり。
今の仕事も、どうなんだろうね。
こういうことは言いたくないが、対外的には正社員のような感じに振舞うことを要求
されながら、待遇的にはバイトなのかパートなのかよくわからない中途半端な状態
だし。
そういう待遇だから、時給800円ほどという給料の安さだし。
自分がそういう募集内容を読んで応募してるのだから、給料が安いとか割に合わない
なんてことは言いたくはないけれどね。
だけど実際に生活がちっとも楽にならないのだから、やはり不満はある。
いくら1人とはいえ、この稼ぎでは何もできないよね。
この歳で、それでいいはずがないよね。
会社の方はどう思ってるかは知らないけれど。
でも今のままじゃ、夢も何もない。

仕事の方も、どうなのかなあ。
自分としては一所懸命やってるつもりなんだけどね、笛吹けど踊らずというか、人を
動かすことまでは、さすがに難しいものがある。
それを自分の不備や努力不足にされてもねえ。
結果を見ればたしかにそうかもしれないので文句は言えないけど、自分としては
やりきれないものがある。
たしかにしばらくは必死で、見えていなかったこともあるけど。
でも見えてくると、なんだかなあと思えるようなこともたくさんある。
こういうと逃げになるかもしれないが、そもそも権限が与えられていないのだし。
権限もないのに、責任だけ負わされても。
そういうふうに思えてくると、仕事はおもしろくないことばかり。

完璧な人間じゃないから、ミスも多いかもしれないし、至らないところだらけかも
しれないことは自分でもわかっている。
だけど少なくともサボっていないことだけは、日頃の日報などからわかるはず
なんだけどね。
事務所にいる仕事じゃないから、そのあたりが証明できなくて辛い面もある。
サボってなんかいたら、そこまでの距離を移動できるはずがないのに。
はじめは気楽でいいと思っていた仕事も、疑われてるのかと思うとアホらしくて
なんだか疲れるばかり。
なんでこんなにしんどい目をして、そう思われなきゃならない?

だからもういいかな、なんて。
自分は使い物にならないと判定されるなら、それでもいいと思う。
自分のほうも、納得というか、今の仕事に嫌気がさしてるし。
向き不向きでいえば、向いていなかったのかも。
向き不向きなどいわず、やらなきゃいけないのでやらなきゃと思うようにはしていたけど。
でも無理なものは、やはり長続きしないし。
見込まれていないようなら、自分も別の道を探さないとね。
そもそも社員登用は、確約されたものではないし。
それに賭けた自分が馬鹿だった、というだけの話だ。

とはいえ何ができるかといえば、何もできないんだけどね。
もう少し自分も何か出来るという根拠のない自信はあったつもりだが、あまりにも
自分の能力が拙いので自分自身で情けないやら驚くやら。
もうこの歳だし、それでいてこの無能さ。
これでは仕事なんてあるわけがない。
でも仕事がなければ今の仕事を辞めて、実家に帰るわけにもいかないよね。
さあ、どうしたものか。
そのあたりを、なんとか考えていかないとなあ。
Amazonライブリンク
livedoor 天気
blogram投票ボタン
楽天市場
Recent Comments
記事検索
ブログトピックス
  • ライブドアブログ