寝る前なのに寝言。

日本一おもしろくないブログ、ここにあり。

疲れた。

なんだか最近、実家を出て1人暮らししていることに疲れてしまって。
もう潮時かなと、思ったりする。

今の仕事に就くときも、実家に戻るというイメージが湧かなかったものだから、
結局こうして居残る羽目になってしまったけど、今となってはもういいかな
なんて思えてしまうのだから、我ながら勝手なものだ。
でもよく考えてみても、ひとりでこちらに残る意味は薄いんだよね。
親だって歳をとってきたわけだし、この先どうするんだとということを真剣に
考えれば、好き勝手させてもらうのもいい加減卒業しなきゃならないのかも。

実家を出てからのこの十数年で、仕事も家庭もきちんとした状態を築くべき
だったのだけど、気が付けばこういう状態になってしまってて。
それを今さら悔やんでもどうしようもないが、そういうことが出来なかった以上、
残り続けることに意味があるかといえば、そうはいえない。

そういうことを、最近よく考えるようになっていて。
でもかといって、すぐに実行できるわけではないけど。
今の仕事をどうするんだ?というのがあるし、辞めるにしても蓄えは必要だろう
けど、その蓄えすら出来ないのが今の状態なのだから。
しばらくは我慢が必要だとは思っているものの、でもそれは約束されたものでもない
ので、いつまでもそれを信じ続けるのも危険だ。

今の仕事を続けてよいものかという疑問はあるが、早々と辞めてしまえば今までの
失敗と何ら変わらないことになる。
それに辞めてまた次を探すのは、難航するのが予想されるし。
今仕事をしていていつも思うのは、自分があまりにも能力がなくて幼稚だということ。
それを痛感させられる毎日なだけに、逃げたい気持ちが出てきてるのかもしれないが。
でも逃げても、状況はさらに悪化するだけだしなあ。
かといって社員登用は約束されたわけではないし、社員になれたからといって
やっていく自信もないし。
辞めて戻るなら、そういう機会なのかなとも思えてくる。

この連休には実家に帰るので、少し相談してみようとは思うが。
だけど今の自分としては、逃げられないし自分から辞めるなんて言えないよな。
会社が社員登用する気はないとか、契約を切るなんて言ってくれると、困るけど
それはある意味でホッとするかもしれないし。
自分も会社も結果を出すにはまだ早いけど、でもそろそろ結果を求め始めても
全くおかしくはないし、その必要があるのかもしれない。

そういうことで悩み続けるのもしんどいし、何の迷いもなく生活したり仕事したり
出来るように、早くなりたいね。
今は心配事や不安がありすぎて、正直押し潰されそうだ。

自己嫌悪の春。

春だけど、全くおもしろくないなあ。
春っていうのは希望にあふれたものとされているが、自分には
全くそうは思えず。
むしろ春は嫌いなんだよな。
春先は毎年調子悪いし。

仕事の方も、何だかなあ。
いったい自分がどうなるのかわからないから、モチベーションを
維持できないし。
あれこれ考えず、ただガムシャラに一所懸命に働くべきなのかも
しれないけど。
でも自分的には不安定なままだから。
次第に、最初聞いていた仕事内容からはみ出すような仕事も
させられているような気がしなくもないし。
それ自体はありがたいことかもしれないけど、でも今の立場的
なことや給料を思えば、割に合わないというか。
そういうことを言うべきではないのだろうけど、でもどうなる
かわからないし何の権限も無いのだから。
せめて自分がどうなるかだけでもはっきりすると、気持ち的
にもまた違ってくるとは思うけど。

少し慣れてきたことで、これでよかったのかなという気持ちも
出てくるようになってきて。
まあどんな仕事に就いたとしても、慣れてきたら思うだろうけど。
とにかく今は我慢して、頑張って続けるしかない。
でもそこでネックとなるのが、続けたところで社員になれるのか
ということ。
続けても社員になれないなら、不本意ではあるが別の道を
また考えなきゃいけないし。
そのあたりの目途とか目安も示されていないので、なおさら
不安になってしまう。

そうはいってもここしか採ってくれなかったのだから、他に
進むべき方向など無かったけど。
何かの縁だから必然性があるのかもしれないし、筋書きなんて
決まっていないようで、実は決められたシナリオを歩んでる
だけなのかもしれないけれど。
だから悩んだところで、どうなるものでもないかもしれない。

ここ最近、こちらでの1人暮らしももういいかななんて思えて
きたりなんかして。
今までも転職の際には、戻ることも考えなかったというわけでは
ないけれど、でもイメージ湧かなくて最終的にはこちらに残る
という選択肢ばかり選んできた。
親ももう歳をとってきたし、縁もゆかりも無いのにそれでも
まだ居座り続けることを、ずいぶんと周りには不思議に思われて
きたかもしれないけど。
でも本当にここ数日の間に、もういいかななんて思えてきて。
戻ったからって、よくなるかどうかなんてわからないけど。
でも親元を離れる必要性が、見つからないといえば見つからず。
意味もなく外に居続けるより、いつかは戻るのが普通なのか。
こちらで家庭を築くことでも出来ていれば、こちらに残る意味
があるのだろうけどね。
でも残念ながら、いまだにそうではないのだし。

この仕事をはじめたときは、生活の苦しさから脱出できることや、
とにかく働きたかったから深くは考えなかったけれど。
だけど最近では、早くも方向を見直す必要があるのかななんて
思えてきたりもして。
早まったかなあという後悔と、いつもこのようにして逃げ道を
探そうとする自分の飽きっぽさが嫌で仕方が無い。
自己嫌悪に陥ってしまう。

悪い癖。

またいつもの悪い癖が出てきた。
今の仕事が、なんだか嫌になってきた。
この仕事が続けられるものなのか、わからなくなってきた。

とはいっても、辞めるわけにはいかないけれど。
いつもこうやって、別の道ばかり探していたからこうなった
のだから。
それがさらに状況を悪化させ、自分を追い詰める。
仕事には少しは慣れてきたが、でも出来ること出来ないこと
があって、おもしろくなく思ったりつらいと思うのも、
そういうところから来ている。
だけどここで投げ出したら、また振り出しに戻ってしまう。
この苦しい時期を乗り越えてこそ、はじめてやっていく自信
とか仕事をうまく回す実力が身に着くのだろう。
でも今までは、それが我慢できなかったのだから。

おもしろくない部分はあるが、とりあえず今は我慢我慢。
どうしても我慢できなければそのときは仕方がないが、今は
まだそこまでは追い込まれた状況ではないし、やれるところ
まで我慢しようと思う。
難しく考えたり、嫌だとかおもしろくないだとか思いだしたら
つらく感じるだけだが、そこは気持ちの持ちよう次第なので
楽天的に考えたり、ある程度は開き直るようにしないと。
抱え込んだり、真面目とかバカ正直すぎるものいけないと
思うんだよね。

とはいえ、会社が自分をどうするのかはわからないけど。
あくまでも身分的には、バイトなのかパートなのかで、
そのあたりははっきりしないが正社員ではないのだ。
そのわりには名刺も持たされてるし、対外的にはそういう
ことは明かされていないけど。
でもそれもどうなのかな。
そういう身分だから権限はないし、正社員になれるとは
限らないのだから。
あくまでも社員登用の実績があるというだけで、社員登用
を確約されたものではないので。

そういう状態だから、給料も安くて生活が苦しい。
一生懸命働いてもいっこうに生活は楽にならないのだから、
モチベーションだって上がるはずもない。
まあそれは、募集のときから条件が書かれていたので、
前もってわかりきったことだし、文句が言える筋合いが
あるわけではないが。
でも早まったかな・・・
深く考えなかった自分がいけなかった・・・
今の状態では、正直ちょっとつらい。
別に金持ちになりたいわけではないが、まったく余裕が無く
何もすることが出来ない。
こんな生活、いつまで続けることが出来るだろう。

だからといって今から他のを探すわけにもいかないし。
他のがダメだったから、今の会社にお世話になってるんだし。
無職でいるよりかは、それでもマシなんだろうけど。
自分が悪いのだから何かを恨むわけにもいかないが。
でも「働けど働けど我が暮らし楽にならざり」と、つぶやき
たくもなる。

酔っ払いの戯言。

気がつけば、1ヶ月更新が空いていた。
地震とかいろいろあったけど、とりあえず自分にとっては
特に変わりない生活を送っている。

仕事にも少しは慣れてきて、嫌なこととかしんどいと思う
こともないわけではないけど。
でもここで逃げたのでは、また失敗の繰り返し。
まだギリギリのところまでは来ていないので、ならば続けなきゃ。
給料の安さに不満はあるが、それもまた仕方のないことだし。
今の給料では安過ぎて生活が成り立たないので、もう少し欲しい
ところだけど、今はまだお試し期間なので、文句言えるはずがない。
もうしばらくは我慢我慢。

それにしても地震は、気味が悪いね。
東日本ばかり揺れていて、西日本は全く影響がないのが。
これは近々、西日本でも巨大地震に見舞われると覚悟する
しかないかもね。
まあそうなったらそのときはそのときだ。
そこまで想定して、普段から準備するわけにもいかない。
そんなことをしていたら、生活にならないはず。

人間って無力だから、自然に対抗しようと思うことが間違いかもね。
被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げるが、もし自分がそういう
状況になったなら、それも仕方がないことだと個人的には諦めて
いたりする。
ああなったら、どうすることも出来ないよ。
でもそれも人生なのかもしれない。
悲しみを共有することは大事だが、生きている者は生きている者
として、今の現状を精一杯生きる義務があるのかもしれない。
だから自粛という言葉には、共感は出来ない。
国全体がお葬式状態でどうするよ。
死者を悼んで自らを慎めば、そのうちいいことでも起こるのか。
そうじゃないだろ、普段どおり生活しないと。
悲しいけれど、でも誰かがいなくなっても、世間は回り続ける。
生きている人間は、それに乗り続けなきゃいけないのだ。

今はまだ考えないようにしないと。

仕事にも少しは慣れてきたけど、そうなると本当にこれで
良かったのか?と疑問に思うのが、自分の悪いところ。
何か縁あってのことだし、それ以外に採用してくれる会社が
あったのかといえばなかったのだから、こうするより他無い
状況だったわけだけど、それでも思ってしまうというか。
いろんな面において、不満がないわけではない。

だけど不満に思うことも、ある程度は我慢してやっていかない
とまた失敗の繰り返しになるし、ここで逃げてしまっては、
状況はさらに悪くなるだけ。
なので余計なことは考えずに、やれるだけ頑張るしかない。
どうしてもダメなら、そのときは仕方がないが、幸いなことに
まだそこまでの状況には追い込まれていない。
仕事なんだから、どんな仕事に就いたとしても多少は不満に
思う部分はあるだろうし、しんどい部分もある。
自分に向いているかなと思える部分もあって、人間関係も
悪くないと思えるなら、逃げ出す理由も無いよね。

これで良かったのかな?と常に考えること自体は、悪いこと
ではないとは思うけど。
長期的な観点から言えば、そういった目線に欠ける部分があった
かもしれないが、そのときそのときでは常に考えてきたし、
考えた挙句選んできたわけだから。
まあそれが失敗だったといえば、そうなのかもしれないし、
それを否定したくても否定しきれないのが、悲しくもあるけど。

自分の意思云々以前に、会社としてこの先どういう扱いをする
のかもわからないし。
自分は続ける気でも、会社がダメだといえば、そこで終わって
しまうかもしれない。
そういう立場での勤務なのだから。
仕事上は、そういった立場を意識することなく仕事をしている
けど、いくつかの部分では制約がないわけではない。
それを逆手にとって、しょせんはそういう立場だしと割り切って
しまえば、気持ちとしては楽かもしれないけど。
いや本来はそうするべきで、何も自分が抱え込む必要などどこにも
ないのかもしれないけど。
実際に、そういうふうなアドバイスめいたことを聞いたりもする。
まあ、そりゃそうだという感じではあるが。

今の段階でわかってきたこともあるが、まだまだわからないことも
山ほどあるし、そのすべてを知る必要もないのかもしれない。
見えていない部分が怖いが、でも見えている範囲では後ろ向きな
感じではないので、信じていいのかもしれないし。
ダメなところだと、本当に後ろ向きな話しか出てこないので、
それだけで嫌になるし考えてしまう。

終身雇用なんて制度は、とっくの昔に破壊されているので、何も
考えずにただついていくなんて恐ろしいマネが出来るはずもない。
そのわりには、雇用の流動性も経営者側にとって都合のよい方向
にばかり利用されていて、労働者にとっては不利にしか働かない
ような状況になってしまっているので。
それは経営者の傲慢と、組合とかの労働者側の活動の怠慢の結果
でそうなったのだろうが、組合活動という物をしたことのない
自分が偉そうにいえたものでもないのかもしれない。
最初の会社にもう少し居れば、組合活動が経験できただろうが。
まあ仮にそうであっても、アホなくせに屁理屈だけは天下一品の
あの経営者と交渉するなんて、労多くして収穫なしといった結果
にしかならないだろうが。
入社2・3年の若造ですらそれが見えてしまうのだから、よほど
の無能だろう。
ルックスもそうだけど、まるで近隣のどこかの国の将軍様に
そっくりで、我慢している人も多いんだろうなあと同情する。
自分と同じように逃げ出した人も多数いるので、自分の選択が
間違いだったなんてこれっぽっちも思わないけど。

幸いなことに今の会社は、今のところそういった感じではない。
だからといって信じるのも危険ではあるが、まだ今の段階で
あれこれと考えるべきでもないのでしょう。
とにかく働かないとね。

バカ正直に打ち込んでも力尽きるので、少しは力を抜くことも
さすがに自分も覚えたしね。
せっかく遠いところに行く仕事なんだから、うまい物があれば
立ち寄ったりするし。
もちろん仕事中なので、遊んでいるわけではなく、昼飯を買ったり
だとかトイレ休憩に寄ったりしたついでなのだけど。

津山で買ったホルモンうどんは、なかなかうまかった。
須崎のショップたけざきの玉子焼も、絶妙の味付けで自分好み。
道の駅で買ったメジナのたたきに芋けんぴ。
それぞれみんな、大変おいしゅうございました。
そういう楽しみもないとね。

2011021612290000



2011021620170000

あっという間。

今の仕事をはじめて1ヶ月。
少しは慣れてきて、やだなっていうふうな部分も少しは見え隠れしてきた
けど、なんとか頑張ってる。
疲労が蓄積してきたか、週末に休んでもなかなか疲れが取れないけど。

こういうところは自分に合ってるかなというところもあれば、これって
どうなんだろうと思う部分もあり、必ずしも満足ではないけど。
まあでも100%満足の行く仕事なんてあるわけないだろうし、今の段階で
判断を下せるものではない。
とりあえずは続けないと、どうにもならないし。
とりあえず今のところはしんどい時もあるが、やりがいとか充実感も
それなりには感じられたりしている。
判断するといったって、まだ正社員ではないのだからこの先どうなるか
なんてわからないのだし。
自分が判断する以前に、会社が判断する部分もある。
なのでどうなるかわからないというのは、自分自身の問でもあり、会社の
都合次第といったところもある。

もし正社員になれることがあるのなら、また求められることは違ってくる
かもしれないし。
とはいっても実務上は、今も正社員と変わらないようなことをしている
つもりではあるけど。
そのあたりもまた、自分としてはよくわからないけど。
まあそういうのは置いておいて、今はとにかく一所懸命にやるしか。

ここで逃げたのでは、今までと同じ過ちを繰り返すことになる。
それに実は逃げる方が、事態が苦しくなることもよくわかってる。
まあおかげさまで働いていると一日が早いし、一ヶ月もあっという間
だった。
考えなきゃいけないのかもしれないけど、今はとにかく余計なことは
考えないようにしようと思う。

2011012820030000


2011012614080000


2011012520020000

南国SAのいも天

20110121205200002011012120530000

山鳥の焼きとリセット

2011011520270002

焼豚玉子飯

2011011514220001

帽子パン

2011012020040000
Amazonライブリンク
livedoor 天気
blogram投票ボタン
楽天市場
Recent Comments
記事検索
ブログトピックス
  • ライブドアブログ