今日は節分。

いたるところで巻き寿司売ってるの見かけたし、家の近くの神社でも、
豆まきをやってるらしく音が聞こえてきた。
でも、自分は何もしない。

一人暮らしだから、豆まいてもしょうがないし、巻き寿司もあまり
好きでない。
いわしは好きだけど、調理するのが大変。魚はおいしいんだけど、
生から調理すると、どうしてもあのニオイと格闘しなきゃいけない。

それより何より、こういうイベント事の時に臭う、商売のニオイが
ちょっと受け入れがたいのです。

クリスマスだといえば、どこに行ってもローストチキンやフライド
チキンを売っている。
土用の丑の日といえば、猫も杓子もうなぎうなぎ...。

食べたいときに食べればいいと思うのに、ここぞとばかりに売ったり
買ったり。こういうの、ちょっとげんなりしませんか?

もちろん、それぞれのイベントにはきちんとした意味があるし、
季節折々のイベントを、きちんとこなせる風流な人になりたい
と思ってはいるけど。

でも、何か最近のは商売が先走ってしまってるよう気がして、
なんだか馬鹿馬鹿しく思えてしまうんですよね。

こういうのは、あまのじゃくかな?
それとも、気持ちに余裕がないから、そう思ってしまうのかな?