ゴールデンウィークも今日で終わり。
ゆっくり休めたのは良かったが、問題は休み明け。
休み明け早々、遠路の出張に。
それも二人で行くはずが、急遽ひとりに。
子供じゃないから機嫌を損ねたりなどはしませんが、面白いわけがなく、
個人的には不満だらけだ。
そういう日程を組んだ先方と、それを受け入れたわが社に。
常人の理解を超えているというか。
そんなものを理解しようとするだけ馬鹿馬鹿しい。

なんだかなあ。
勤めて1年ちょっとほどなのに、コロコロとほんといろんなことが変わるし、
かといって待遇が改善されるわけでもなく、なんだかバカを見てるような。
そういう状況だから、壊れる人まで出る始末。
まあ会社って、少なからずはどこもそういったところがあるけど。
でもうちの場合は、良くしようとしているようで実は何も改善されては
いなかったり、改善どころか改悪で、誰かがその犠牲になってるという
ケースすら見受けられる始末。
個人的には、そうじゃないだろうと思うんですけどね。
それについていけない、われわれダメ従業員の問題なんですかね?

自分はいろんなことができる人間になりたいし、そういう意味ではいろんな
仕事をもらうということは結構なことではあるが、反面そうやって乗せられてる
だけで、実際にはただの使いっ走りとしか思われていないようなフシも最近
ありありと感じられるし、だからこそこういう連休明けのスケジュールなわけ
なので、モチベーションが上がるわけもなく。
使うだけこき使われて、用済みになったらポイ。
どうもそれがこの会社のやり方っぽい。

ひとりの人間にあまりにも多くの仕事を押し付けるがために、それでそれぞれ
の顧客に対しての仕事がおろそかになって質を落とし、結果として数字が落ちる
というような経緯があったからこそ、自分が今の仕事についていると理解している
のだけれど、その自分にすら多くの仕事がのしかかってきて徐々に首が回らない
状況になりつつあるので、全くもって本末転倒かと。
いったい何がやりたいのか、どうしたいのか。

自分の能力的なことがすべてであるならば、別の出来のいい人に代わって
もらって、自分はお役御免でもなんら構いませんが、誰がやろうとも物理的なこと
や地理的なことは、どうにも克服できませんからね。
そういうことを訴えると、それを逐一自分自身で証明しなきゃならないという
面倒くささ。
面倒くさいというか、ばかげてるし時間の無駄。
かくして人は、無抵抗主義に・・・

はじめのころは何も見えていないから頑張れるけど、時間がたつと次第に
いろいろと見えてきて、疑問を感じずにはいられないのは、自分の悪いところ
なのでしょうか?
もちろんどんな会社でも、疑問に思うところはあるでしょうが。
だけど甲斐性の無い自分は、そういう疑問が湧いてくると、いてもたっても
いられずに、その職場が将来を託すに値しないと思えてきて仕方が無い。
だからといってそこから逃げると、また同じことの繰り返しで自分を苦しめる
という羽目になるだけなんだけどね。

でもなあ。
年々可能性が狭まっていく中で、それでもどうにかする道を捜さないとね。
この道を進んだところで、幸せにたどり着けるとは到底思えないのだから。
そろそろ真剣に考えないといけないなあ。

ああ、それにしてもやる気が出ねえ。
当初聞いてたのは、そういう仕事じゃないし得意ではないんだけどね。
都合の良い使いっ走り感がありありで、馬鹿馬鹿しくてやる気など出るわけが無い。