相変わらず事態は進展しない。
過去の失業期間中もそうだったが、仕事もせずにゴロゴロ
してるのは、精神的には重荷になる。
特に今は入梅して、蒸し蒸し暑くなってきたから、なおさら
気分的にも滅入る。
自分はどうしたいのか、なぜ今足踏みしてるのか・・・

近所のうどん屋で、製麺職人募集の求人が出ていた。
どんなものかと、その店に食べに行ってみたが・・・
午後2時過ぎと中途半端な時間なのが悪いのだが、
それにしても店には活気がなく、うどんも不味い。
おそらく茹で上がりから時間が経過して劣化している
のだろうが、仮に状態がよくても、自分が好むような
麺ではないだろう。
そういう想像がついてしまうような麺。
ダシもただしょっぱいだけにしか感じられないし。
トッピングで取ったとり天も、大きいのはよいけれど
安くはないし、食べてみてもただパサパサしているだけで、
衣もしつこいし美味しくはない。
さすがにそういうところで働くのはどうだろうか。

麺を大量に作るという経験が積みたいので、味はダメでも
とりあえず麺つくりに携われるならそれでよしと考えるべきか。
修行はしてもそこの麺を真似るつもりはさらさら無く、あくまでも
自分の好みの麺を自分自身で作り上げるつもりだけれど。
だけど真似しないにしてもどうせ作るなら、自分自身美味しい
と思えるようなものを作りたいし。
割り切るべきかもしれないけど、やはり自分自身納得のいく
味のお店で働きたいよね。

少し前に、別のお店の募集も見たけど。
そちらは味的には自分も納得のいくものを出してるお店だし、
自分がやりたいような形態やメニューもあって、そこで修行
したらそれは売りになる部分もあるかなというお店。
だけどあまりにも繁盛しすぎてて、さすがに自分がやろうと
思うものとは規模が違うし、規模の違いといえば、全国から
修行に来れるよう寮まで用意しているようなところなので、
職人見習いもそれだけ多くいると思う。
上がつっかえていたら、技術を習得するには時間がかかる
のではないだろうか・・・
あと10歳若ければ、5年なり10年なり修行するつもりで、
そこに飛び込んだだろうが、今の自分にはそこまでの
時間は無いと思う。
そういう状況で、そういったところに飛び込むのが正解
なのか・・・
結論は出ないが、なかなか難しいと思う。

贅沢言い出したらキリが無いんだけど、後悔の無いように
したいし。
反面そろそろ働きたいって気持ちもあるし、動き出さなきゃ
っていう焦りもある。
店を構えるには、技術も積まなきゃならないけれど、お金も
稼いで貯めなきゃいけないので、先のことを考えると
気の遠くなる思いだが・・・
働き出せば、少しでも前進しているようで、気分は楽になる
部分はあると思うんだけどね。
だけど求人を見ても一長一短なので、なかなか決め手に欠ける。
なので苦しい、今はほんと苦しい。