まだ悩んでいる、結論は出ない。
気持ちは揺れている。

たちまちの生活に困っているわけではないが、でも仕事を
していない期間が続くのは気持ちよいものではない。
少しでも早く働き出せば、それだけ夢の実現へと向けた
第一歩が早く踏み出せるわけだから。
通勤を考えれば、おそらくそれ以上に好都合なところも
ないだろうし、慣れてきて勤務時間を延ばせば、それだけ
稼げて開店資金をためることができるだろう。
だが・・・

やはり味としては満足はしていない。
どうせやるなら、自分がおいしいと思うものを出している
お店で、それを作ることに携わって技術を磨きたいし、
すっきりしない想いを抱えながら仕事はしたくない。
サラリーマン時代、営業なんかをやっていると、必ずしも
自社の取扱商品ばかりが価格的性能的に優れてると
いえない状況でも、売らざるを得ないことがある。
自分はそういうのは苦手だったので、向いていないと思った
のだけど。
さほどおいしいとは思えぬものを作って出すなら、やってる
ことはそれと大して変わらないのでは?という気がする。

まあ一度や二度食べて、評価するものでもないのかも
しれないが。
それに製法や材料にはこだわりがあるようなので、それを
自分が理解していないだけかもしれないが。
でも話を聞いた感じだと、表向きに出している作り方とは
違うことをしているようだし。
実務に即しているのは実際の作り方だと思うので、それ自体
は悪くないと思うけど、ただいかにもこだわった作り方を
しているように表向きには出しているようにも思えるし。
まあ商売とはそういうものなのだけど。

別にそこの味を受け継ごうと思うわけじゃないから、作り方は
作り方として経験を積むつもりで割り切るべきかもしれないが。
でもやはりそのやり方を身に着けると、その味がベースとなって
しまうだろうか。
だとすればそれは嫌かなと。

口コミとか実際に店の前を通って客入りを見ているけど、
そう流行っているようには見えないし、評価も高いようには
見えない。
不味いわけではないので、お昼どきにはさすがによく入っている
が、それ以外は閑散としているかと。
それはどこの店も似たようなものかもしれないけど。
でもわりとおいしいと思うお店は、多少時間がずれていても、
数組かは客が来ているもの。
やはりお客さんの舌は、バカにできないものがあるように思う。
ひっかかるのは、やはりそこなんだよな。

以前短期的にバイトで入ったお店で、そこの大将に、うちで働く
ならうちのうどんの味を好きになって欲しい、といわれたことがある。
自分としてもそのつもりで、味が気に入ったからそのお店で働こう
と思い、応募したわけだが。
結局それは叶わず今に至ってるわけだけど。
でも原点としては、やはりそこだよな。
ただ働く、収入を得るということだけが目的ではないのだから。
経験を積むにしても、納得のいくものを手がけた上での経験を
積むべきなのかな。
そう考えると、おのずと答えは・・・
でもそれでいいのかな・・・