ちょっと遅い時間だったが、昼飯を食いにうどん屋へ。
その店の求人はわりと見かけるが、あまり好きじゃないので
応募しようとは思わない。
自分としてはそんなにおいしいとは思わないが、商売が上手
で県外でも見かけることがある。
自分としては、商売が上手でなくてもいいから、おいしいうどん
を出してくれる店のほうが好きなのだが。
だったら行かなければいいんだけど、その店のひやかけが
おいしいといっている人がいたし、時間的にもそんなに選択肢
はなかったので。

遅い時間だったが、けっこう客が入ってた。
へえ、以前食べたときよりおいしくなったのかな?
暑かったこともあり、お目当てのひやかけを注文。
セルフのお店なので、どうするのかなと思っていたら、うどんを
器に入れて渡してくれて、だしはそこにあるひやかけ用のを
自分でかけろという。
セルフだと、ひやかけはダシをかけて渡してくれるところが多いが、
ここは自分でかけるので。
ここで嫌な予感が2つ・・・
,劼笋けだけど、麺はしめたてではなく作り置き・・・
 時間も遅かったし、セルフなので仕方がないが、冷たいうどんを
 食べるのに作り置き麺では、状態はかなり厳しいのでは・・・
置いてあったひやかけ用のダシは、特に保冷されていない・・・
 それでも冷蔵庫から出したてでまだ冷えていれば、問題はないが
その後天ぷらも取ってお会計を済ませ、薬味も入れて食べ始めた
のだが・・・
嫌な予感は、2つとも的中。
なんともぬるいダシに浸かったしまりのない麺を食べる羽目に。
やはりこの店は好きになれない。
何年たっても、印象はやはり変わらないのだった。

セルフと一般店を比べるのは酷かもしれないし、それに時間的な
ものもあるのかもしれないが、でも関西のほうでもひやかけ王座
決定戦なんてやってて盛り上がっているようなときに、本場讃岐
でこのようななまくらなことをしていて良いのだろうか?
有名なお店だからこそ、本場ならではの凄みを見せつけてほしい
ものだが、これだったら関西から来た人は、関西で食べるひやかけ
のほうがおいしいというだろう。
本場で商売をする人間として、それは恥ずかしくないわけ?
セルフとはいえ、ちゃんとしめた麺をちゃんと冷やしたダシで
出してくれるお店もあるよ。
セルフだからできない、なんてのは、言い訳にもならないのだが。

冷ましたダシさえかければそれでいいだろ、みたいな安易な考え
ならひやかけ出すのはやめてもらいたいね。
冷たい食べ方するなら、きちんと麺もしめてなかったらだらしがない
し、それに温度が変われば同じものでも味覚は変わる。
ひやかけにはひやかけ用に調整したものを、しかるべき状態で
冷やして供されなければならない。
だから注文の度に冷蔵庫から出してかけてくれる店が多いので
あって、保冷もせずにサーバーに入れて放り出しているなんて
わかっちゃいない、ナメているとしか言いようがないのである。

素人が偉そうに、と思われるかもしれないが、でも自分がうどん屋
をやるときは、その点には十分に留意してすると思うし、場合に
よってはそれができない場合、自分の店ではひやかけは出さない、
なんてこともありうる。
それに素人といっても、いろいろと食べ歩いた人間なら、やはり
こういうのはあまりよく思わないんじゃないかな?

働こうと思うと厳しいことを要求されるのかもしれないが、やはり
自分としては、自分がおいしいと思う店で働きたい。
そういう店はきちんと仕事をしているということなのだろうと
思うからだ。